• ネットと総合の証券の比較

    証券には大きく2つに分けられます。

    証券比較のココだけの話をしましょう。

    ネットでやるものと総合型でやるものです。ネットでのメリットは手数料が安く口座における管理料がかからないことです。
    取引自体をネットでやり機械化することで人件費を大きく減らし手数料も大幅に安くすることが出来るのです。
    総合のものと比較すると手数料が5分の1から10分の1になっています。

    証券会社にもよりますがネットで無料で出来るところももちろんあります。



    総合型でのメリットは株取引等で悩んだ時に様々な相談を持ち掛けられることです。初見の方の株の取引であるならば、まずは専門の方から意見を聞き情報を貰うことが最短の道です。
    ですがこれは人件費がかかる上に取引手数料が発生します。

    総合型と比較してネットの方は簡単に家でも出来るのでお勧めです。

    証券の良いところは複数の会社に口座開設することが出来ることです。



    ネットを中心に取引をしていきたい方はネット証券、営業の方と電話でじっくり話して取引をしたい方は総合証券をお勧めします。


    ネットと総合を比較して総合型よりネネットの方がメリットが高く評価も高いです。


    初めから取引が出来るわけではなく資料請求が届いてから口座開設をすることが出来ます。
    この2つ以外にもマネックス型がありこれはマーケットボードと指定した価格以下になったら売りとなり指定した価格以上になったら買いとなります。
    サービスも豊富で他の会社や銀行に預けてる資産も管理しているのでお勧めです。