日常の足となる愛車の車検。初回は登録から3年後、2回目以後は2年ごとにおとずれますが、ひとえに車検といっても、新車時に購入したディーラーをはじめ、自動車整備工場やガソリンスタンド、カー用品といったクルマ関連の業者のみならず、ドライバー自らが陸運局へ愛車を持ち込んで検査をとおすこともできます。大切な愛車を、いつも安全かつ安心してドライブしたい。そのために避けては通れない車検ですが、気になるのは費用面。

ディーラーでの車検は、どうしても料金が高めとなってしまいます。その反面、一日や半日で終了する自動車整備工場だと場合によってはディーラーの半額程度で済む場合もあります。さらに、もしドライバー自身が整備に自信をもっていて陸運局へ直接クルマを持ち込めば、かかる費用はさらに少なくて済みますが、お金よりも時間と整備力に余裕がある人向けであることは言うまでもありません。では、大切な愛車を、どういった業者に持ち込むのがベストなのか。

まず、走行距離が少なく一回目であれば、交換するパーツ自体がゼロというケースが多いので、一日車検などを実施している自動車整備工場ですと、余分な経費を取られなくて済みますし、時間の節約にもなります。いっぽう、特殊なエンジンレイアウトをもつクルマや部品が揃いにくい輸入車などについては、ディーラーや専門分野に強い自動車整備工場に依頼しましょう。特殊な工具を使わないと部品が交換できないケースが多々あるだけでなく、専門知識がないと整備そのものができない車種があります。懐具合ばかり気にせず、安全かつ安心して運転できるよう、愛車にあった業者選びをしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です