車検は2年か3年ごとに取らなくてはなりません。商業車の場合は1年です。車検では費用がかかる他に日頃の車のメンテナンスが悪いと通らないということもよくあります。車検を通すために所有者として重要なのは排気ガスとボディです。

車は長年乗っていれば排気管がだめになることがあります。マフラーから触媒のあたりまでがよく錆びや穴で車検が通らないことが多いようです。車検では排気ガスのチェックが行われますが、規定以下のガスであることが重要です。排気ガスのレベルは触媒とマフラーで決まります。

マフラーに穴が開いていたり、中が腐っている場合などでは規制値を超えたガスが出てしまうようです。また、下回りをチェックされますのでマフラーに穴があれば検査は通らないことになります。マフラーの穴は補修が可能です。ホームセンターで保守剤が販売されていますし、ディーラーや検査代行業者などでは補修をしてくれることも多いです。

ただし、触媒については交換となります。一般的に5年程度であればマフラーなどの補修が必要なことは少ないですが、雪国などで融雪剤を使う地域で洗車を怠ったりすると腐りやすいと言われています。また、ボディについても特に下回りでサビが酷い車は要チェックです。車のボディは腐食しづらくなっていますが、飛び石やこすった場合などボディの下地がでているとそこからサビが発生し、最悪ボディに穴が開きます。

ボディの穴は検査が通らないのでこちらも補修が必要になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です