車検は新規登録してから3年、その後は2年ごとに行われる自動車の検査です。中古車で買った場合でも車の初年度登録に合わせて行われることが多いです。ただし、中古車で購入した場合には車検が切れれている期間があることもあるので注意が必要です。車検を通すには2つのことが必要になります。

ひとつは費用。もう一つは車の状態です。費用については毎年の自動車税が収められていること、また、重量税や整備料、検査料が必要となります。自動車税については車検を受けるタイミングによっては当年の自動車税を払う前でも受けられることがあります。

自動車税を払っておく必要があるかは前年の自動車税の領収書に書かれている有効期限を確認すればよく、また、領収書がない場合は各都道府県で確認できます。毛自動車の場合は市町村で確認となります。整備については自分で車検を取る場合や格安代行業者を使う場合には必要がないことがありますが、ディーラーで取得する場合には基本料金に入っていることが多いようです。車の状態については走行できれば良いというだけではなく、排気系、特にマフラーの破れやボディのサビ、穴などがチェックされます。

排気ガス規制は古い自動車の場合は排気ガス規制が緩い時代に販売されているのでその当時に設定されているガス規制が使われます。また、下回りのチェックにおいてはボディの穴がチェックされます。穴はあれば基本的に通らないと言われているので修繕が重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です