最近の路線バスや配送車、あるいは営業車やイベントカーではおなじみになってきているラッピング広告ですが、いったいどのくらいの広告効果があるのでしょうか。アメリカで行われたある調査では、1km走行すると約400人が目にします。1日約170km走行すると67、900人になります。さらに20日間で1、358、000人、1年間で16、300、000人もの人々がラッピング広告を目にすることになるそうです。

もちろん、地域によってこの人数は変わってくるでしょうが、広いアメリカではなく日本のような狭くて人口密度の多い場所であれば、もっとこの数字は膨らむかもしれません。この結果から、看板などに広告を出すよりも高い広告効果があるのではないかと注目されているわけです。営業車の場合は、やはり会社をアピールしなければなりません。会社のロゴマークやイメージカラーでラッピングすると、多くの人々の心に深く印象づけられていく効果を期待することができるでしょう。

イベントカーであれば、そのイベントの開催期間中のみの広告となりますが、イベントが終了すればラッピング広告を剥がして別の広告に張り替えることも簡単です。このような高い効果と簡単に貼りかえることができる便利さから、導入する会社が増えているわけです。普通の自動車がラッピングすることで見事な宣伝カーに変わるというのは大きな魅力です。せっかく会社の車を営業車や配送車として使うからには、より多くの効果を期待したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です