会社が所有している営業車には、会社の名称やロゴマークなどが貼り付けられていることが多いです。それを見れば、その車がその会社の営業車であることがすぐにわかるわけですが、今一つインパクトに欠けます。そこで会社の名称やロゴマークだけでなく、その営業車を目立たせるために、部分的にカラーリングを替えてみたり、インパクトのある模様を追加してみたりすると、より一層宣伝効果を高めることができます。しかし、普通の乗用車のカラーリングを替えたり、模様をつけたりすることができるのでしょうか。

答えはイエスです。実際にそのようなカラフルでインパクトのある営業車を見かけたことがあるのではないかと思います。このような車は、ラッピングと呼ばれる技術をボディが装飾されています。ペイントではなく、簡単に言えば専用のシールを貼っているのです。

もちろん、シールと言っても普通の紙のシールではありません。薄い透明なフィルムに様々な模様や文字、絵などを印刷して、それを貼り付けているのです。ラッピングフィルムは伸縮性の富むために、凹凸があるボディやカーブを描いている部分にも綺麗に貼り付けていくことができます。この自由度の高さがラッピングの最大の魅力となっており、様々な形の車両に利用することが可能です。

また、デザインを替えたいと思ったら簡単に剥がして、新しいラッピングに変えることができます。この点もペイントにはないメリットとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です