開催するイベントを盛り上げるために、大きな役目を担っているのがラッピングしたイベント車です。派手なデザインで街中を走り回るだけで、通行人や対向車のドライバーの目に留まりイベントを宣伝できます。注目を集めるデザインだとそれだけで話題になり宣伝効果も大きくなりますから、コストパフォーマンスが優れているとして、導入する会社は増加しています。イベント車両でラッピングが使われている理由は、車体に塗装を施すより負担が少ないからです。

車体前面に塗装を施すと高額な料金が発生しますが、フィルムを貼るだけなら大きな負担はありません。また塗装をすると元に戻すときは再び上から塗料を塗る必要があるので、費用の負担だけではなく手間もかかってしまいます。しかしフィルムを貼っただけなら剥がせばすぐに元通りになるので、負担はありません。基本的に短期間だけ利用するイベント車にはラッピングが塗装よりも最適なので、街中で見かける機会も増えています。

ラッピングはイベント車だけではなく、個人が所有する一般の乗用車の間にも広がっています。上からフィルムを貼ることで車体を保護することができて、デザインが気に入らなくなったら気軽に変更も可能です。乗り替えで売却するときにもフィルムなら査定にも影響しないのも、魅力的なポイントと言えるでしょう。乗用車の場合はイベント車とは違いラッピングの耐用年数に気を付ける必要はありますが、車体の保護や個性を出すためにも使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です