ラッピングというと大切な人へ気持ちをこめて贈る物などをお店で購入した時に、その気持ちがあらわれているような綺麗な包み紙で包んでもらうことをイメージすると思います。ところが最近では、特に贈り物ではなく、もっと大きなものにラッピングを施すことがあります。それはイベント車両などに文字を書いたり、図柄を施すラッピング広告です。イベント車両だけではなく、もっと大きいものでは空飛ぶ飛行機や海を行く船、それに電車やバスなど様々なものにそれが施されることがあります。

一般的に広告と言えば、壁に貼るポスターとかビルの上の看板、電車やバスの吊り広告などがあると思いますが、それらは固定されており、その場所から移動することはありません。そのため沢山の人が行き交う場所などに設置すると効果があります。しかし車両に広告を施すと場所を移動することが出来ます。時間帯によって人の流れは変わりますし、それに合わせて移動することも可能です。

広告が効果的になる場所を自ら決めることが出来るのです。それに人の多い場所に移動する途中にも宣伝になります。ところでイベント車両と言えば、トラックをイメージする人も居られるかもしれません。トラックの荷台の扉を開けるとステージになっていて、そこでショーやイベントを行えるようにもなっている車両です。

ステージのない街中や田舎の方であってもトラックで走って行き、駐車スペースに停めて開催することが出来ます。そういったイベント車両が無地のボディーだとちょっともったいないような気もします。大きな車体ですからそこにラッピング広告を施せば、現地へ行く間にもイベントの告知にもなりますし、現地で準備している間でも多くの人の注目の的にもなり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です