避妊と黄体ホルモンの関係とホームページ

世の中には、様々な避妊の方法があります。
最も知られているのが、コンドームを使った避妊法です。
コンドームを男性器に装着することで、精子が膣内に入るのを防ぎます。
コンドームを正しく使用すれば、避妊の成功率は98%と言われています。
コンドームは、性病の予防のためにも必要です。
コンドームを正しく使えずに避妊に失敗した例も意外と多いので、正しい使用法をマスターすることが大事です。
最近、注目を集めているのが、アフターピルでの避妊です。
ホルモン剤を服用して排卵をコントロールし、避妊する方法です。
成功率は99%と非常に高いです。
子宮内避妊用具を使った方法あります。
子宮内に器具を挿入し、精子の受精を阻害します。
器具には、黄体ホルモン剤が付けられており、子宮内に装着された後に放出されるようになっています。
月経に関係する女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。
卵胞ホルモンは、卵胞の主な成分で、4週間ごとに卵子を成長させて排卵させ、子宮内膜を厚くする役割があります。
一方、黄体ホルモンは、排卵4週後に放出され、子宮に卵子が着床できるように働きます。
そして、黄体ホルモンの分泌がなくなると、生理になります。
アフターピルを飲むと、人工的に黄体ホルモンが分泌された状態を作ることができるのです。
アフターピルを飲み終わると、黄体ホルモンが分泌されない状態になり、生理になります。
そのため、妊娠を防ぐことができるのです。
しかし、100%妊娠を防ぐことができるわけではないので、コンドームと併用する人も多いです。
クリニックの中には、ホームページにアフターピルについての説明を載せているクリニックもあります。
クリニックのホームページをチェックするだけで、アフターピルについての正しい知識を得ることができます。
ホームページにメールフォームがあり、無料でメール相談ができるところもあります。

ページの先頭へ戻る