避妊、1週間、生理について

妊娠を望まない女性のために、日本ではコンドームを使用する人が多く居ます。ですが、コンドームというのは男性が性器に装着しないと避妊は不可能です。さらにコンドームを装着していたとしても、破けていたりきちんと装着出来ていなかったなどの理由で、100%避妊が成功するわけではありません。こういった中、最近では女性自らの意思で避妊が出来る避妊薬があります。低用量ピルと言って、世界中で多くの女性が利用しています。低用量ピルを正しく服用することによって、妊娠を制御することが可能です。低用量ピルを服用している時は、体内が妊娠している時と同じ状態になって、脳が妊娠したと錯覚するので排卵が一時的になくなります。ピルには色々な種類があり、使用する人のライフスタイルに合わせて選ぶことが出来ます。薬自体の種類も色々ですが、飲み方にも種類があります。その中でもサンデースタートという飲み方は、飲み始めの1週間は避妊の効果が無いため注意が必要です。1週間が経つときちんと避妊の効果が出てくるので、1最初の週間は気を付けた方が良いです。低用量ピルには副作用が様々ありますが、その中でも生理痛を軽減してくれる作用があります。定期的に起こる生理の度に、酷い生理痛に悩まされている人は沢山居ます。こういった人達が、避妊目的以外に低用量ピルを使用することは、少なくはありません。生理は人によって色々ですが、大体の人は1週間ほど続きます。その間ずっと痛みに悩まされている人も中には居るので、こういった人には低用量ピルはお勧めだと思います。このほかにも女性が嬉しい作用が低用量ピルには含まれているので、生理痛などで苦しんでいる人などは、こういった薬を上手く活用すると良いです。

ページの先頭へ戻る