休薬をすると避妊の効果が失われ精子が抽出されます

避妊にも様々な方法があります。代表的なものに、コンドームの装着があります。このコンドームの装着によって、避妊率は90パーセントまで高められます。コンドームの装着方法は、勃起したペニスに被せます。勃起する以前のペニスに装着すると、性行為の最中に外れてしまったりします。また、コンドームのサイズを選ぶことも避妊の確率を上げるのに非常に役立ちます。たとえば、コンドームには、SSからLLまで幅広くありますが、ペニスのサイズに合ったものを装着することが大切です。また、こうしたことは、女性も知っておくと、妊娠の可能性を格段に下げます。

また、膣外射精は避妊の効果があるといわれていますが、妊娠の可能性をなくすわけではありません。精子は射精直後の精液だけでなく、射精する前の、精液にも入っているため、性交直後の精液にも精子が入っているため、妊娠の可能性はあるのです。ですので、妊娠を望まないのであれば、性交を始める前にキチンとコンドームをつける必要があります。

避妊にもっとも効果的と言われているのがピルです。これは、女性ホルモンであるプロゲストロンから抽出された薬です。抽出方法は簡単で、プロゲストロンに培養液をかけ、その溶液を蒸留したものがピルになります。このピルは経口避妊薬とも呼ばれ、その避妊の効果は非常に高いです。99,9パーセントの確率で妊娠を避けることができます。しかし、ピルを手に入れるためには医師の診断が必要です。値段は保険がきかないため、一か月3500円から、4000円程度かかります。

ピルは休薬をすると、効果を発揮しません。休薬とは、薬を飲むことをやめるという意味です。多くの場合、手術前に、休薬をすることがあります。ピルは2日飲まないと、妊娠率を50パーセントまで上げると言われています。、また、休薬をすると、女性の体内で精子が抽出されやすくなると言われています。

ページの先頭へ戻る